はちみつ梅子のプロフィール

こんにちは!はちみつ梅子(@hachiumemama)と申します。

はちうめ

気軽に『はちうめ』って呼んでね!

わらママ!」にお越しいただきありがとうございます!

このページでは、「わらママ!」を運営するはちみつ梅子(@hachiumemama)についてご紹介します。

はちみつ梅子のプロフィール

地方在住のアラサーママです。保育園には2回ほど落ちて、現在育休中のワーママ候補生です。

5歳年下の夫と元気で娘の3人、アパート暮らしをしています。

片付けたそばから散らかされていく部屋、家事をしようにも遊んでコールの娘。

そしてスマホで遊んでいる旦那さま…

24時間娘と一緒にいるのは、めちゃめちゃ楽しいけれど、しんどい気持ちにもなる毎日。

幸せだけどストレスフルな毎日を過ごしています。

はちみつ梅子の名前の由来

とても単純に『はちみつ梅が好きだから』です。

夫からは「メーカーが指定出来て語れたら○○好きを名乗っていい」と言われましたが、もちろん指定できます。

梅の皮がやわらかくて、塩分濃度5パーセント以下の梅干しが好きです。

お気に入りは「京-いちえ-」っていう梅干しで、わざわざ京都まで買いに行くくらい好きです。

はちうめ

ネットショッピングできることを知らなかったのは内緒

はちみつ梅子の遍歴

質素倹約を学ぶ子ども時代

愛知県の海辺の町に生まれ、散歩をすると農家の方からくず野菜がいただける、のどかな田舎町で育ちました。

父も母も節約が好きで、「お風呂の水は洗濯にも使う」「割引シールが貼られたものを積極的に買う」「コンビニよりスーパーや薬局で買う」など節約の英才教育を受けて育ちました

1人暮らしを始めた高校生活

「私のことを誰もしらないところへ行きたい!」と高校生から実家を出て全寮制の学校へ進学します。

絵を書くことが好きだったので、デザインを学ぶべく建築学科を選びましたが、全然違う授業内容に唖然。

計画的に将来を考えなかったことを反省します。

寮生活では、食事の用意や洗濯・ゴミ捨てなど、家事を自分でするようになり親のありがたみをひしひしと感じました。

また、部活動で始めた吹奏楽の魅力に取りつかれ、上下関係や精神論などを叩き込まれました。

部活動に寮生活にと楽しい毎日でしたが、勉強のほうはイマイチ。

授業中にカップラーメンを作ったり、枕投げをしたりする人たちが成績上位者で、真面目な私は「本当に天才っているんだなぁ」と自分の才能のなさに絶望

はちうめ

今思えば、家に帰ってからめっちゃ勉強していた人たちなのかもしれない

卒業後の進路は「早く働いて実家にお金をいれたい!」と思い、大学進学はせずに就職の道を選びました。

働くことが楽しすぎて社畜になった社会人

就職でも「違う分野の仕事がやりたい!」と家電メーカーの開発部に就職

今まで全く関わったことの無い機械図面や電子回路の図面とにらめっこ。

全くの素人でしたが、優しい先輩方に恵まれたおかげでメキメキと成長しました。

しかし、仕事中に居眠りする大卒より給与が低いことに人生2度目の絶望

はちうめ

学歴社会を実感したよね…

残業が深夜に及ぶ日も多く、家はほぼ寝るだけの場所に。

仕事内容にはやりがいを感じていたし、やらなければ仕事が終わらないため「プライベート時間はとれないけど、お給料はしっかりもらえるからいいや」と思っていました。

入社5年目にもなると、会社のダメな部分も見えてきます。

ワンフロア200人もいる大きな部署だったせいか、指導係によって教えられる仕事のレベルに大きな差がありました。

ルールや仕組みが曖昧なことも多く、人によって全然違うアウトプットになっていたため無駄なコミュニケーションが多発してしまっていたんです。

これでは自分が圧迫されるばかり…と人材育成の重要性を上司に解き始めます。

入社8年目で自分の部署をいただき、業務を通して人材育成に力を入れるチームを作りました。

はちうめ

一生懸命教えた人達が、他の部署で評価されていくことが嬉しかったよ

はちみつ梅子はママになる

楽しい社畜生活を送っていましたが、入社10年を過ぎた頃子どもを授かりました。

予定日2ヵ月前まで働き、順調に育っていましたが予定日2週間前に事態は急変。

私の骨格が原因で、帝王切開での出産が急遽決まりました。

◆めちゃめちゃ取り乱したよ…

無事手術を終え、子どもと生活する毎日が始まります。

しかし、産後うつがひどく我が子を可愛いとは思えませんでした。

慣れない育児に四苦八苦する日々。

インターネットで必死に情報を調べながら、毎日をなんとか生き延びていました。

数十分おきに子どものお世話があるため、集中する趣味はできないし家からも出られない…。

気晴らしになることは何もありません。

「こんなに大変だったなんて…」と毎日を泣いて過ごしていたときにTwitterに出会いました。

Twitterには育児の困りごとへの対処法や便利なグッズの情報がたくさんありました。

そしてなにより、今同じ時間に育児をしている人々がたくさんいてTwitterのおかげで「私は一人じゃなかった」と思うことができました

間もなく2歳になる娘は、目の中に入れても痛くないくらい可愛いです。

イタズラやわがままも増えてきてイライラすることもたくさんあります。

でも産後うつだった頃のような気持ちになることはありません。

今は、娘と過ごす時間がどうしたら楽しくなるかを考える毎日です。

出産を機に変わったこと

子どもが好きになった

実は私、子どもが苦手だったんです。

あやそうと思ってもなかなか笑ってくれないし、うまく子どもの相手ができない自分を恥ずかしいと思っていました。

一生懸命話を聞こうとしても何を言いたいのか分からないし、突然話の内容も変わるし…

子どもといると疲れるな、と感じていたんです。

自分の子供が生まれ育ててみて、子どもは「笑わないし何言ってるかわからない」ものなんだと理解しました。

相手をしている自分がどうこうできるものではなく、まして自分を恥じることではないのだと分かりました

別に笑ってくれなくていいし、そんなに一生懸命話を聞く必要はないし、子どももそんなに気にしていないと思うと、とても楽になりました。

脱社畜をしたいと思うようになった

出産前は仕事大好きで、産んでからもバリバリ働くぞ!と思っていました。

しかし、子どものあまりの可愛さに考えは一転。

『出来るだけ早く帰って子どもとの時間を大切にしたい』

とはいえ「仕事が好き」ということは変わりません。

ただ『残業をたくさんして成果を残す』のではなく、『決められた時間内に効率よく仕事をして成果を残す』ことに価値があると考えるようになりました。

はちうめ

復職後にまずやりたいことは「働き方改革」だね!

ママになってからブログを始めたきっかけ

やりがいのあることをしたい

家事・育児は、一生懸命やっても感謝されることがあまりありません。

料理も掃除もそんなに得意でもない私は「毎日何をやっているんだろう…」とネガティブになってしまいました。

◆夫や子どもが感謝してくれればいいんだけど、なかなかね…

そこで、何か新しいことに挑戦してみようと思いブログを始めました

自分の経験や知識で誰かを助けることができて、その延長として収益化もできるなんて、こんなに楽しいことはないなぁと思ったんです。

気軽な気持ちで始めてみましたが想像よりもハードルは高く…

それでも、ブログを始めて得た知識が本業にも役立ちそうで、思わぬ収穫があったと喜んでいます。

パパ・ママの生活を少しでもラクにしたい

家事・育児をラクにしてくれる便利なグッズやサービス、目から鱗のアイデアが色々溢れているのに、何気なく生活していると気が付かないことがたくさんあります。

そんなお得な情報を子育てしているパパやママに届けたいと思いブログを始めました。

私がTwitterに助けられたように、私のブログで育児に悩んでいる人が少しでもラクになれたらと思っています。

自分のノウハウを共有したい

何か悩み事があるとき、自分とは違う経験をしてきた人に相談すると、案外簡単に解決することがあります。

私たちは「親」という点では同じですが、今まで経験したことは全く違います。

今まで私の経験してきた何気ない出来事が、誰かの悩みを解決できるかもしれません。

もし自分のこれまで培ったノウハウが少しでも誰かの役に立ったのなら、こんなに嬉しいことはないと思います。

私の得意なこと・経験をお話できることを一部紹介します。

  • 日々の生活でできる簡単な節約術
  • 安くて可愛い子どもの服があるお店
  • 家庭に活かせる仕事術
  • 不満買取センターでポイントを貯める方法
  • 子連れ結婚式の体験談

こういう話が聞きたい!これをレビューしてほしい!などあれば、ぜひ気軽にご連絡ください。

さいごに

このブログをみてくれた方が、少しでも悩みが解決したり、オススメグッズでラクになってくれたら嬉しいです。

Twitter(@hachiumemama)もやっていますので、ぜひ気軽に話しかけてください。

はちうめ

フォロー&リプライも気軽にどうぞ!

私も手探り状態の育児ですが、みなさんと一緒にママとしても成長していきたいと思っています。

まだまだ未熟なはちみつ梅子ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

はちうめ

最後までお読みいただきありがとうございました!